FC2ブログ
2019
03.22

今日の一撮り

Category: 俳句
たんぽぽの絮

取り残された蒲公英の絮が風を待っています。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
03.21

すかんぽ

Category: 俳句
すかんぽ
 2019/3/20大分河畔
【酸葉(すいば)】 すいすい・あかぎしぎし・酸模(すかんぽ)/植物:春
タデ科ギシギシ属。日本全土の田の畦や草地に自生。
<土手のすかんぽジャワ更紗、昼はほたるがねんねする・・・(北原白秋詞)>
と童謡にうたわれているすかんぽはその別名。
酸っぱい葉が転訛してスイバになったといわれている。
私の子供の頃は茎をもぎって噛みその酸っぱい味を楽しんだ。
参照:角川俳句大歳時記

 ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
03.19

たんぽぽの絮

Category: 俳句
  句集『風紋』から
たんぽぽの絮

ホルトホール展示作品で~す。

感謝!
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2019
03.16

幣辛夷

Category: 俳句
辛夷

モクレン科の落葉高木。蕾が拳に似ているので、その名がつけられたと
いわれている。地方によっては、田打ち作業に合わせて咲くことから
「田打桜」とよび、苞のふくらみが筆に似ていることから木筆とも書く。
秋に付ける赤い実の種が辛いことから、ヤマアララギ、コブシハジカミ
という名も生まれた。(抜粋:角川俳句大歳時記)
Thanks.
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2019
03.13

沈丁花

Category: 俳句
沈丁花

ジンチョウゲDaphne odora ジンチョウゲ科の常緑低木で中国原産。
Daphne(ダフネ)はギリシャ神話の女神の名で「月桂樹」のギリシャ
名でもある。葉の形が似ていることからジンチョウゲ属の属名にも使わ
れるようになった。
漢名は瑞香(ずいこう)で「沈丁花」は日本で付けられた名前である。
画像は白花ですが、よく目にするのは赤い小花を球状に集め、開花する
と四裂の白い花びらの内側を見せる。

ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
back-to-top