2014
03.21

さんしゅゆ

Category: 俳句
山茱萸A

山茱萸B

山茱萸の花を撮っていたら、ご婦人が自転車を止め私に話しかけてきました。
すると、この樹の持ち主が見えたので写真を撮らせていただとお断りを申し
たところ、「それは、それは嬉しいことです」とお許しいただいた。
秋には茱萸(グミ)のような実がなるそうで、山茱萸の音読みが和名の由来。
ミズキ科ミズキ属の落葉小高木。
別名は春黄金花(ハルコガネバナ)アキサンゴ、ヤマグミ。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
03.20

雪柳

Category: 俳句
雪柳

拙宅の裏にある公園の掲示板の下に咲いている雪柳です。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
03.19

兎の花?

Category: 俳句
      春菊

春菊は葉の独特の芳香と苦みが好まれ、浸し物や鍋料理には欠かせない
野菜となっています。

ウサギの花
ベンガルヤハズカズラ
ベンガルヤハズカズラ

ベトナムのあちこちで見かけた花です。
ガイドが「ウサギの花」と言って花びらを落としウサギにそっくりな芯を
取り出して見せてくれました。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2014
03.18

春の月

Category: 俳句
ハノイの月

ハノイからダナンへ向かう機上から見えた旧暦14日の月です。
世界遺産の街ホイアンでは、毎月旧暦の14日「満月の夜」にだけ
催される「ホイアン夜祭」があります。
ランタン(提灯)を灯し、街全体が幻想的な雰囲気に包まれます。
日本の縁日のような雰囲気もあり、雑貨店などの露店も並びます。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2014
03.17

香炉島

Category: 俳句
ハロン湾の香炉島

海面から大小約2000の奇岩が突き出した様が"海の桂林″と称される
ベトナムきっての景勝地ハロン湾のクルーズを楽しみました。
1994年、ユネスコの世界遺産に登録され、世界各国の注目を集めて
います。この日は霧が深く、海に突き出した奇岩や奇峰群の遠景は眺め
ることができませんでしたが、それがかえって神秘的雰囲気に包まれて
いました。
写真の島は20万ドン札にも印刷されているハロン湾で最も有名な岩で
「香炉島」と呼ばれています。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2014
03.10

ヒヤシンス

Category: 俳句
ヒヤシンス

ヒヤシンスはユリ科の球根植物でギリシャからシリアにかけての原産。
私はヒヤシンスの花を見ると、中学1年生の英語のテキストに登場する
ジャックとベティが浮かんできます。
ヒヤシンスの花には幾つかのギリシャ神話が残っています。その一つに、
トロイ戦争のころ、アキレスはアポロンにより踵を射抜かれて死んだ話
です。英語の時間に、アキレス腱の話から、この神話が紹介されたよう
に記憶しています。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2014
03.09

薺の花

Category: 俳句
薺の花

薺(なずな)はアブラナ科の越年草で道端や空地などどこでも見かけます。
春の七草の一つで、単に「薺」は新年の季語です。
花は2~6月に咲きますが、花後に付く実の形が三味線のばちに似ている
ことから「三味線草」とか「ぺんぺん草」と呼ばれています。

ヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ

民家の壁と道路に挟まれた狭い空地に生えているこのヒマラヤユキノシタ
は手入れもされずに毎年美しい花を咲かせます。
名前の通り、ヒマラヤ山脈周辺が原産の常緑多年草です。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:5  Trackback:0
2014
03.08

ぶらんこ

Category: 俳句
ぶらんこ

誰もいない雨の日の公園の出来事でした。

ゲンゲの花に出合いました
ゲンゲ
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
03.07

菜の花

Category: 俳句
菜の花

大分河畔に自生しているセイヨウアブラナが咲き始めました。
河畔を黄色で染めるようになりますが、もう少し先のことになりそうです。
良く似たセイヨウカラシナがありますが、どちらもユーラシア大陸原産で、
日本には野菜や菜種油を採るために導入されようです。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2014
03.06

啓蟄

Category: 俳句
啓蟄

今日は二十四気の一つである啓蟄です。
暖かくなって、冬眠していた蟻・地虫・蛇・蛙等が穴を出てくること、
また穴を出た地虫そのものをさすとのことです。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
back-to-top