2014
03.31

大分河畔

Category: 俳句
大分河畔

関埼灯台の桜
関埼灯台の桜

今日は久しぶりに関崎岬を訪ねました。灯台は満開の桜に包まれていました。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2014
03.30

ナルキッスス・バルボコディウム

Category:
ナルキッスス・バルボコディウム

ナルキッスス・バルボコディウム~舌をかみそうな名称ですね。
別名のペチコート水仙と言われればなるほどと思います。
ヒガンバナ科スイセン属で、小型の原種水仙の代表的な種類で
地中海沿岸地方の原産です。花の1DAY☆1SHOT

 4月のカレンダー~越前市からのおたより~ 
   4月の暦
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
03.29

谷町の味噌屋

Category: 俳句
  谷町の味噌屋

江戸時代の風景が今なお残る杵築の城下町(大分県杵築市)
杵築城を中心に、南北の高台に武家屋敷群があり、その谷町に商人の町が
挟まれています。
町がまるごと″江戸村″の杵築を散策してみました。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:3  Trackback:0
2014
03.28

旅立ち

Category: 俳句
ノボロギクの絮の旅立

ノボロギクの絮の旅立ちです。
ヨーロッパ原産のキク科キオン属の一年草ですが、花は一年中見られます。
ノボロギクの「ノ」は野原の野、「ボロギク」は果実が熟して冠毛(白い毛)
で覆われた状態をボロ切れに見立てたもので、なんとも可愛そうな名が付け
られたものですね。襤褸とは使い古した布切れのことです。

  イワヤツデが咲きました
  イワヤツデ

ボッチ感謝!
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
03.27

天使の梯子

Category: 俳句
天使の梯子
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:3  Trackback:0
2014
03.26

木の芽

Category: 俳句
木の芽

百貨店の避難階段の3階の踊り場から触れられるような間合に見た木の芽です。
ポッチ!感謝
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
Comment:2  Trackback:0
2014
03.25

白木蓮

Category: 俳句
白木蓮

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
03.24

木の芽風

Category: 俳句
街灯

離合(りごう)は大分方言?
先日、博多から大分へ戻る特急ソニックの車中でのアナウンスに
「離合は大分方言であることをごぞんじですか」との問いかけが流された。
帰宅して、調べてみると、「離合集散」として使う場合は標準語であるが、
「離合」は辞書には出てこない。
大分県では、車が擦れ違うことを離合と表現するが、この言葉を使うのは
大分県をはじめ、九州内の一部、さらに京都で特有の使い方だそうだ。

ポッチ!
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:3  Trackback:0
2014
03.23

菜の花

Category: 俳句
菜の花
 大分河畔の菜の花
越前の菜の花
 越前市からの菜の花便り

 菜の花は、主に、アブラナ科の葉菜である油菜・芥菜・高菜・蕪菜など
を指します。
 低地の河原や土手、水田や畑地のあぜなどに生えているのはほとんどが
セイヨウアブラナです。セイヨウアブラナは、かって栽培されたが野生化
されたものとされる。
 似た花にセイヨウカラシナがありますが、セイヨウアブラナは葉の基は
耳型になり茎を抱くが、セイヨウカラシナは茎を抱かないので区別は容易
です。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


Comment:3  Trackback:0
2014
03.22

無憂樹

Category: 俳句
ベトナムを代表する古刹 一柱寺
一柱寺(ベトナム)
 一柱寺は李朝の太宗(リー・タイ・トン)が1049年に創建した延祐寺
内の楼閣で、一本の柱の上に仏像を乗せたユニークな形から、この名で呼び
親しまれている。
 先の太宗は蓮華の上で子供を抱いた観音菩薩の夢を見てから、間もなく子
供を授かった。太宗は夢の観音に感謝し、ハスの花に見立ててこの寺を建立
したと言い伝えられている。

ムユウジュ
 無憂樹、無憂華、無憂花とも、マメ科・サカラ属の常緑樹が一柱寺を囲ん
で数本立っていました。
 別名:阿輸迦の木(アソカノキ、アショーカノキ)
無憂樹は仏教三大聖樹の一つとされ釈迦がその木の下で産まれたと伝えられ
ます。

 無憂樹

 無憂樹の花
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
back-to-top