2014
08.31

揚羽蝶

Category: 俳句
揚羽蝶
2014/8/30 13:30

アゲハチョウ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2014
08.30

葛の花

Category: 俳句
葛の花

マメ科のつる性多年草です。
英名のKudzu が和名の葛(くず)に?
根は用いて食品の葛粉や漢方が作られるそうです。
秋の七草のひとつです。
別名の裏見草(うらみぐさ)は葉が風にひるがえると白さが目立つことから。

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村



Comment:0  Trackback:0
2014
08.29

二王座の町

Category: 俳句
ku2010b.jpg

歴史の町/臼杵市二王座にて

ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
08.28

稲の花

Category: 俳句
稲の花
 2014/8/28

稲の花咲く田園に浮かぶ雲
’14/8/27の田園

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
08.27

露草

Category: 俳句
露草

 庭に生えていたチュクサです。
ツユクサ科・ツユクサ属の一年草で原産地は日本です。
 地面に接した節から根を出して広がり、抜き取ったまま放置する
と根を出して復活します。
 私は雨の当たらぬ場所へ置き、乾かしてしまうのです。

 蛍草(ほたるぐさ)、藍花(あいばな)、月草(つきくさ)、
鴨跖草(おうせきそう)、漂泊縹(はなだぐさ)、帽子花(ぼうし
ばな)など多くの名がついています。
 花を布に擦りつけると青色に染まるので着き草とも書かれたが、
水ですすぐとすぐ流れ落ちてしまい、この性質は染物の下絵を描く
のに都合がよかった。

白い露草~越前市からのおたより
白い露草
ブログをご覧いただいた遊子先生から届けていただいた白い露草です。

To ranking
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
08.26

星朝顔

Category: 俳句
星朝顔

ホシアサガオ
ヒルガオ科サツマイモ属のつる性の一年草。
花期:7~9月。北アメリカ原産。
ピンク色の2㎝ほどの大きさで、中心部が濃い紅紫色をした漏斗型の花、
長い枝を葉の上に出して咲いています。
仲間に豆朝顔、丸葉朝顔メキシコアサガオがあるそうですが、私は出合
ったことはありません。

数年前、越前市に咲いた星朝顔を遊子先生から見せていただいた。
その翌年、大分河畔で偶然に星朝顔に出合ったのときの感動を忘れま
せん。

Ranking
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
08.25

葛あらし

Category: 俳句
葛

日本の大木を覆い、さらに蔓を電柱に延ばして電線にまとわりつき、
勢いは収まりません。(明磧橋の袂にて)

 ツルバギア
 ツルバギア

ツルバギアの花に南部公民館(大分市)の近くの畑で出合いました。
葉はネギのように見えますがユリ科です。南アフリカ原産で約24種
が分布。葉や茎は料理に利用されるそうです。
花の1DAY☆1SHOT

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
08.24

女郎花

Category: 俳句
女郎花

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
08.23

金魚

Category: 俳句
金魚

夢京橋キャッスルロードを散策して、江戸時代の風情を楽しんだ折に
出合った金魚のぬいぐるみです。

 ミヤマアカネ
ミヤマアカネ

勝山市昭和町で昼食のために蕎麦処を探していたときに出合いました。 
赤とんぼの中でも最も美しいといわれるミヤマアカネ♀だと遊子先生
から回答をいただきました。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
08.22

片山津温泉の花火まつり

Category: 俳句
片山津温泉の花火
片山津温泉といえば、何と言っても柴山潟の湖上で開催される花火まつり、
期間中毎夜楽しむことができる「納涼花火まつり」と8月24日のみの盛
大な「湯のまつり大花火大会」があります。
屋形船に乗り、打ち上げ場所のすぐ近くから鑑賞する花火は格別の見ごた
えとのこと。湯の元公園や各旅館からは、花火とライトアップされた浮御
堂と大噴水の饗宴を楽しめます。

夕刻に激しい雨が降り、花火の打ち上げは諦めていました。ところが、
予定の時刻を1時間ほど下がり突然大音響がして、夜空に大輪の花が咲
きました。

旅館から望む柴山潟の浮御堂と大噴水
柴山潟

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
back-to-top