2014
09.30

唐辛子

Category: 俳句
唐辛子

 かなり昔?のAYAKOの作品ですので、すこしばかり色褪せています。

~ホタルガ(蛍蛾)に出合いました~
  ホタルガ

近隣の公園の角に二匹のホタルガに遭遇しました。
昼間に飛ぶ蛾で、森林域の木陰をひらひらと飛ぶのを挟間町のM氏を
訪ねた折に見かけたことがあります。平地から山林にかけて出現する
と聞いていましたので、拙宅のある街中?で出合うとは驚きでした。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
09.29

金木犀

Category: 俳句
木犀その2

木犀(モクセイ)は中国原産の常緑小高木。
花色によって、銀木犀、金木犀、薄黄木犀と呼ばれています。
大気汚染が著しいところでは花をつけません。
私の町を歩くと、あちこちで木犀の香りの中に取り込まれます。
木犀の香りの漂う範囲を抜けると別の世界があるように感じられます。
嗅覚が敏感であった子供の頃は、木犀の香りがすると息苦しくなって
香りの外へ抜け出したものです。

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
09.28

カンナ

Category: 俳句
カンナ

昨日出合ったカンナにご執心の揚羽蝶です。
ナガサキアゲハ♀であろうと遊子先生からメールをいただきました。
コンパクトカメを「AUTO」の状態で羽ばたく蝶を撮るのは難しい。
やたらとシャッターを切り、たった一枚残ったのがこの写真です。

ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
09.27

木犀

Category: 俳句
木犀

木犀の香りに惹かれて近づくと蝉の抜け殻かと思いきや、脱皮を図る蝉
でした。もう、辺りには蝉の鳴き声は聞こえないので、この蝉は仲間に
合うことはないでしょう。
それでも、木犀の香りが蝉の脱皮を促しているように思えました。

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2014
09.26

落し水

Category: 俳句
落し水

稲の茎は何かの切っ掛けで水を吸い上げることを止めるように思える。
生産者はこの頃合いをみて、畦の水口を切って水を落とし、田を乾か
して刈入れに備える。田圃は一気に黄金色に染まるのです。

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:1  Trackback:0
2014
09.25

零余子

Category: 俳句
零余子

 裏庭に自生したヤマノイモになった零余子(ムカゴ)です。

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
09.25

オオバヤドリギ~ご存知ですか?

Category:
義弟に案内してもらいオオバヤドリギの花を観に行きました

 オオバヤドリギC

大きくはない楠の木に寄生したオオバヤドリギ(緑の濃い部分)です。
地面に垂れている薄緑の葉はオオバヤドリギの新しい葉です。

オオバヤドリギB

オオバヤドリギA

関東地方南部以西~九州のツバキ、モチノキ、マサキ、ネズミオチ、
イヌビワ、スギなど常緑樹に寄生するそうです。
私は初めて出合ったこのオオバヤドリギは「宿る」というよりも「乗っ
取った」状況です。

ありがとう
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
09.24

稲雀

Category: 俳句
稲雀

この数倍の数の雀が群がっていました。
お零れにあずかるとは言えないようにも思いました。
私は地主ではないのですが「まあ良いか」と言ってやりました。
ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2014
09.23

無花果

Category: 俳句
無花果

いちぢくの吹き出し笑ひ転げたり

M先生宅に生った無花果を沢山いただいた。
イチジクはビワ科イチジク属の落葉高木。また、その果実のこと。
原産地はアラビアの南部。不老長寿の果物とも呼ばれる。

M先生は、満州で軍事慰問団に所属して、あの、とっとちゃんの
黒柳徹子の父上と行動を共にしたそうなのである。齢92歳、今
なお大分マンドリン・オーケストラのメンバーとしてご活躍され
ておられる。

無花果は初夏、卵大の花嚢(かのう)~花を覆っている袋~を生
じ、内部に多数の雄花と雌花をつる。実は、私たちは花を食べて
いるのです。

アダムとイブが最初に食べたのはリンゴではなくて、イチジクだ
という説もあります。絵画のアダムとイブが大切なところ?を覆
っているのは確かにイチジクの葉に見えます。

Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
09.22

秋の蝶

Category: 俳句
秋の蝶

昨日であったアレチハナガサに止まるキチョウです。
アレチハナガサは南米原産のクマツヅラ科の多年草です。
草丈は80~150㎝と高く、少しの風でも揺れるので写真に撮るのは
根気がいります。

同じ日に大分河畔の草むらに出合ったヒメウラナミジャノメです。
ヒメウラナミシジミ

ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
back-to-top