2014
11.30

ユダの耳

Category: 俳句
ユダの耳
  
拙宅の前の街路樹の切り株にキクラゲを発見しました。
  
同じ切り株の側面には、かたまって生えています。
  キクラゲ
学名:Auricularia auricula-jidae
キクラゲ目・キクラゲ科・キクラゲ属のキノコ。属名はラテン語の
「耳介」に由来する。種小名は「ユダの耳」でユダが首を吊った木
(ニワトコ)から生えたという伝承に基づく。
                 (参照:Wikipedia)  
 にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
11.29

南天の実

Category: 俳句
南天の実

富貴寺の山門に立つ仁王像の目線に南天の実が赤を極めていました。

ポッチありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
11.28

黄落の富貴寺

Category: 俳句
黄落の富貴寺

NHKニュースに背を押されて、昨日富貴寺へ参りました。
富貴寺大堂(養老2年(718)仁聞菩薩の開基といわれる)は、現在
国宝として保護されており、御堂に鎮座する阿弥陀如来像(藤原時代末
期の作)は重要文化財に指定されています。

紅葉に包まれた富貴寺大堂
富貴寺@3

大堂から山門へ下る
富貴寺@2

大勢の参拝者
富貴寺@1

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
11.27

寒鴉

Category: 俳句
寒鴉

 
  グアバの植樹
親友のKさんからグアバの苗木をいただいた。
「この木に果実が生るまでに共に生きているかわからないが」とKさんは
笑いながら鉢を手渡してくれた。

  グアバの苗木

グアバ(グァバ、グワバ、グァヴァ)はフトモモ科バンジロウ属の熱帯性
低木、和名ではバンジロウ、蕃石榴(バンザクロ)果実は食用とされる。

  グアバの果実
     (関崎岬で実ったガアバ)

グアバの実はビタミンA、B、C、が豊富、直径3㎝ほど、色は薄い緑色
から黄色、品種によってはピンクや赤になるそうです。葉を乾燥させて
煎じて作るグァバ茶があります。

ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
11.25

冬夕焼

Category: 俳句
冬夕焼

大分川に架かる明磧橋から望む冬にしては真っ赤な夕焼けです。

ポッチ☆感謝
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
11.23

関アジ漁

Category: 俳句
瀬戸の釣舟

小春日和の昨日、関崎岬に立って眺めた関アジを釣る漁船団です。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
11.22

ドレスアップ

Category: 俳句
 サルビアミクロフィラ'ホットリップス′
小春

サルビアミクロフィラ

数年前にドレスアップする花と申して越前市にお住いの遊子先生から
この花の写真をお届けいただき、私はすっかりお気に入りになったの
です。
シソ科サルビア属の半耐寒性常緑小低木。花期5~11月。原産地は
メキシコ。花色の出方が一定でなく、赤または白の一色から紅色の比
率が様々のものまでと幅広い。
Thank you
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
11.21

紅葉

Category: 俳句
紅葉

昨日の正午ごろに撮った街路樹の紅葉です。
北国では大雪になっているとの折に、私の町は秋の風情が色濃く
残って、今日も季節外れの一句となりました。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
11.20

サフラン

Category: 俳句


居間に転がしていたサフランの球根に花が咲きました。
サフランはアヤメ科クロッカス属の多年草で、地中海沿岸を原産とする。
日本ではクロッカス属の秋咲きをサフランといい、春咲き種をクロッカス
と呼んでいる。
芯の真ん中に、赤い糸くずのような雌蕊があり、これを乾燥させたもの
が高価なスパイスとして有名な「サフラン」です。
俳句歳時記によっては「季題」に見当たらないものもありますが、「秋」
の季語として一般には認められています。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
11.19

天使の梯子

Category: 俳句
天使の梯子

親族が3人、手術後のリハビリ入院中ですが、ほどなく皆退院の
予定です。
多くの患者さんが入院されているのに、人間は健康体であるのが
奇跡のように思えてきます。
薬要らずの私も、いずれは修理がいることになるかと思う心中穏
やかではありません。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
back-to-top