2015
12.30

ひつじ雲

Category: 俳句
ひつじ雲

  昨日の夕刻:由布山から高崎山にかけてひつじ雲がたなびいていました。

雲の塊が連なってできる「高積雲」とみられる。上空3千~5千㍍にできる
中層雲の一種。通常は雲の塊が並ぶように広がり「ひつじ雲」とも呼ばれ
る。上空の水分や風などさまざまな条件がかさなったときに発生する。
気象台は「年中見られる雲で珍しいものではない」とはいうが・・・。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.28

今朝の月

Category: 俳句
今朝の月

  真向いの朝日より少し高い位置に止まる今朝8時の月(月齢18)です。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.27

冬の霧

Category: 俳句
冬の霧


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.26

金の卵

Category: 俳句
金の卵
  JR大分駅/府内中央口


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.22

冬至

Category: 俳句
冬至
 今夕の月(月齢12)17:21


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.21

冬鳥

Category: 俳句
冬鳥

今夕の日没 17:02
今日の夕暮


にほんブログ村


Comment:1  Trackback:0
2015
12.19

冬ぬくし

Category: 俳句
冬ぬくし

ここは何処でしょう?・・・とある駐車場から眺めた景色です。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.17

八つ手の花

Category: 俳句
八つ手の花

ヤツデハウコギ科ヤツデ属の常緑低木です。20cm以上もある大きな葉を
つけます。7つまたは9つ(奇数)に裂けており、8つに裂けることは
ないそうです。別名「天狗の団扇」。日本原産。

八つ手の花


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.15

時雨

Category: 俳句
時雨

喫茶店でカプチーノを注文して席に着いたらほどなく時雨が来た。
目の前の植木にずぶぬれになった小鳥がやって来て、しばらく枝から
枝へ伝いながら私の眼を楽しませてくれた。

  時雨に濡れた小鳥


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2015
12.14

野良猫&夕焼

Category: 俳句
野良猫
  
立体駐車場の屋上階に上がって夕日の沈むのを待っていたら頭上に
ドクターヘリが爆音を落として過ぎ去った。
  
ほどなくして太陽は山際に沈むところを決めて美しい夕焼を演出して
くれました。
夕焼A

夕焼B


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
back-to-top