2016
11.15

七五三

Category: 俳句
七五三

11月15日は「七五三」。3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子
の成長に感謝し、神社に参拝して、人生の節目をお祝いする行事です。
長男が3歳の時に神社に参拝したのですが、薄暗い神殿が怖かったので
しょう、泣きだしたのでお祓いをせぬまま退出したことを思い出します。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.13

小春日

Category: 俳句
小春日

ハマオモトヨトウがお宅の彼岸花にも来ていませんか?
   ハマオモトヨウ

ハマオモト、ヒガンバナ、アマリリス、スイセン、タマスダレを寄生植物と
する蛾(ヤガ科)の幼虫です。
拙宅の庭にうようよ発生していました。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.12

十一月

Category: 俳句
ひだまり

昨日は津久見市の俳人鳩先生と懇談の機会を得ました。
先月でしたが、津久見市を訪ねた折に鳩先生が撮られた写真をもとに
作られたパネルを額装にしていただきました。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.11

水鳥

Category: 俳句
水鳥
  明磧橋の上流にて 2016/11/10

夏に見る川鵜はカメラを向けると直ぐに飛立つのですが、昨日はどうぞシャッターを
お切りくださいと言ってポーズをとってくれました。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.09

ストーブ

Category: 俳句
ストーブ
 
夏の花である鉄線花が庭に二輪咲きました。
今日は旧暦10月10日の酉の市といわれる日であり、ガスストーブを点火
してみました。

    鉄線花



にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.07

立冬

Category: 俳句
立冬

今日は立冬、二十四節気の冬の一番目。暦の上では冬の初日です。
しかし、今日は暖かい一日でした。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.05

石蕗の花

Category: 俳句
石蕗の花
   文殊仙寺の参道にて

11月3日は国東六郷満山霊場の真木大堂、富貴寺、両子寺、文殊仙寺を
巡りました。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.03

金の卵

Category: 俳句
文化の日

  金の卵

JR大分駅の北口に鎮座する雄鶏と雌鶏です。
どうしてここに鶏が居るのか?
鶏のから揚げで名高い大分県のシンボル?
設置者に聞いてみたいと思うのは野暮なことかも・・・
少し気になりながら、今朝は俳句の友と仏の里国東へ出発です。

越前市にお住いの遊子先生からのお便り
   
 それは、大分が九州7県の中で最も東に位置し、一番、最初に朝日が
昇るからという理由だそうです。
 名物料理「鶏の唐揚げ」や「とり天」から、大分県が都道府県別鶏肉
消費量第一位だからではないそうです。
 野暮でした・・・
   
 併せて、今年で第65回を迎える北陸の風物詩「たけふ菊人形」のご
紹介をいただきました。

 たけふ菊人形
 たけふ菊人形b


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.02

眉刷毛万年青

Category: 未分類
眉刷毛万年青

マユハケオモト(眉刷毛万年青)が咲きました。
45年ほど前に今は亡き日出町のAさんに「ハエマンサスアルビフロス」と
言われていただきました。
ほとんど手入れもなくて毎年花を咲かせてAさんを偲ばせてくれます。
多くの別名がありますが、眉刷毛と言う名がぴったりだと思います。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2016
11.01

ひっつき虫

Category: 俳句
ひっつき虫

ズボンについた盗人萩(ヌスビトハギ)の種子です。
イノコズチやヌスビトハギなどの種子は動物にひっついて拡散しますが、
これらの種子は「ひっつき虫」と言われています。

ヌスビトハギ
  2016/10/31
 マメ科・ヌスビトハギ属の多年草。「ひっつき虫」のひとつである。
 草丈60~100㎝。ヤブハギ、ケヤビハギなど近縁種が多い。

  11月のカレンダー
  11月

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
back-to-top