FC2ブログ
2018
01.31

飯盛ヶ城

Category: 俳句
飯盛ヶ城
 大分川から由布岳方面を望むとひと際目立つ雪山

茶碗に白米のご飯を盛ったように見えますね。
由布岳(1584m)の横にある前衛峰で標高1067mの山・飯盛ヶ城です。
木が生えていませんので雪が積もると山全体が真っ白に輝くのですね。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
01.28

博多まで

Category: 俳句
福岡へ

博多まで所用で行きました。
JRさんゴメンナサイ・・・ほんとうは快適な車内でした。

UFO ?
UFO

帰りの車中から窓に映ったっ車内の電気にUFOに見えました。
帰宅して、このブログを開くと英語ではないがアルファベットの文字が 綴られた
コメントが11件届いていました。発信者のネームは全て異なるのですが、頻繁
に同様なメールが届きます。いぶかしいものとして全て削除しています。

ポチッに感謝

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
01.26

豊後平瀬灯標

Category: 俳句
豊後平瀬灯標

ポチッに感謝

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
01.25

三寒四温

Category: 俳句
三寒四温

最近は三輪車ではなく、ペダルのついていない二輪車がお子様のお気に入りの
ようです。この日は二組の親子に出合いました。

ポチッに感謝

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
01.24

寒鴉

Category: 俳句
寒鴉

大分川架かる賀来橋の下流にあった大分県自動車運転試験場跡地が立派な
グランドになった。
確めたことはないが、私が生まれる前、グランドの真ん中あたりの田畑を
祖父が手放して一家は別府へ移住したらしい。昔は、この辺りは度々川が
氾濫したそうなので、大した価値のない田畑であったと思うので、祖父は
お金のためだけではなかったと思う。
それでも、移り住んだ祖父の家は子どもの目からは御殿のようだった。

ポチッに感謝

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
01.23

雪嶺

Category: 俳句
雪嶺

朝からの雨が正午前になると小雪となり、それも直ぐに上がり午後には日が射した。
大分河畔に出てみたら前山の後ろの山が雪で包まれていた。

ポチッに感謝

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
01.21

関崎岬の水仙

Category: 俳句
水仙

水仙が見ごろと聞いたので、暖かい日和に誘われて関崎岬を訪れた。
海の獲物を獲るのを忘れた鶚(ミサゴ)が数羽、水仙の空を遊んでいました。

 水仙

ポチッに感謝

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
01.21

炬燵

Category: 俳句
炬燵
 切り絵/母:道子101歳

感動した、読売西部俳壇(毎週土曜日)の今週の秀逸句です。
作者にはお会いしたことはございませんが、このブログをご覧になって
写真がご希望でしたらお届けいたします。

ポチッに感謝

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
01.20

大寒

Category: 俳句
大寒

今日は二十四節気の「大寒」です。
大寒とはいえ暖かい一日でしたが、大分川に突っ立ったままの小鷺の脚が
冷えるのではないかと案じて眺めておりました。
白鷺(しらさぎ)はサギ科の白い羽毛に覆われている鳥の総称で夏の季語
ですが、大鷺・中鷺・小鷺があり、前二種は渡り鳥、小鷺は留鳥です。

ポチッに感謝

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
01.18

寄生木

Category: 俳句
寄生木i
  大分河畔:滝尾橋上流にて
 
ポチッに感謝

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
back-to-top