FC2ブログ
2018
04.11

Category: 俳句
鶯

声はすれども姿は見えず・・・私の下手な口笛で誘ってみる。
なんとかカメラに恋敵を収めようと長いこと樹の上を見つめていたら、
首筋が痛くなった。
いま大分河畔は鶯の恋の真っ最中です。

ランキング

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
04.09

胡蝶花

Category: 俳句
胡蝶花

庭に咲き始めたシャガの花です。
俳句歳時記には、胡蝶花・射干・著莪の花・金茎花・藪菖蒲などが表記
されています。
数年前に数株を移植したのですが、かなり株が広がってきましたので、
裏庭にも株を移植してみようかと考えています。

射干の花

シャガ(Iris japonica) はアヤメ科アヤメ属の多年草です。japonica と
あるが中国原産でかなり古くから日本へ入って来たようです。
シャガは三倍体のため種子が発生しない。このことから日本に存在する全て
のシャガは同一の遺伝子をもち、また、その分布の広がりは人為的に行われ
たと考えることができる。
⇒中国には二倍体があり、花色、花茎など多様な変異があるという。



にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
04.07

花の塵

Category: 俳句
花の塵

ポチッ

にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
04.06

100年の樹(き)

Category: 俳句
春の雨

JR大分駅/上野の森口の大分いこいの道広場にあるモニュメントの「百年の樹」
がライトアップされている。(~4月8日まで)
世界自閉症啓発デー(4月2日)、発達障害啓発週間(4月2日~8日)を周
知する活動の一環でのライトアップだそうです。

人気ランキング

にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
04.05

勿忘草

Category:
勿忘草

ワスレナグサ(勿忘草)はムラサキ科ワスレナグサ属の総称。
狭義にはシンワスレナグサMyosotis scorpioidesの和名です。

学名の「ミオソティス」の語源はギリシャ語で「ハツカネズミの耳(のよう
な葉のある植物)」の意。「忘れなぐさ」の名は、ドナウ川の岸に咲くこの
花を恋人ベルタに贈ろうとして川に落ちた騎士ドルフが「私を忘れないで」
と叫んで死んでいったという伝説に由来する。(角川『俳句大歳時記』)

この花は種が零れて庭に拡散して増えるので、大半は芽が出たら抜き取って
しまいます。葉はネズミの耳というよりもウサギの耳のようですね。

ありがとう

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
04.04

白山吹

Category: 俳句
白山吹

今朝、庭の山吹が一斉に咲きました。
感謝!

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
04.04

桜の大樹に没する夕日

Category: 風景
桜の大樹に没する夕陽


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
04.02

府内城址に遊ぶ青鷺と亀

Category: 俳句
亀鳴く

府内城址公園の満開の桜の下で遊ぶ青鷺と亀に出合いました。
亀には声帯など鳴くための器官がないので、鳴き声を聞いた方はいない?
「亀鳴く」の季語は、藤原為家の<河越しのみちの長路の夕闇に何ぞと
聞けば亀ぞ鳴く鳴る>(『夫木和歌抄』)による。いわば遊び心と想像力
の所産で、それが俳諧でもてはやされ、季語として定着したのだそうです。


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
04.01

諸葛菜

Category: 俳句
諸葛菜

4月のカレンダー/越前市からのおたより
4月の暦


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
back-to-top