FC2ブログ
2018
07.31

舟虫

Category: 俳句
舟虫

10数年前に読んだ拙句/舟虫を分けてモーゼの如く行く/を思い出した。
海辺の岩、岸壁、廃船などにびっしりと張りつき群れをなしてすむ。
エビやカニと同じ甲殻類というから、天ぷらにしたら美味しいのではないか?
釣り人の魚の餌にするが、料理の材料にする話は聞かない。
味が不味いのかもしれない。

やっぱり!~IDEGUTI先生からのおたよりです~
はい。8月の大潮前、腹に卵を抱えた頃が旬です。
テンプラよりも素揚げにしましょう。

ご自愛を

にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2018
07.29

豊後高田市物産展

Category: 俳句
豊後高田市物産展

7月28日(土)は定例句会で福岡市天神へ 。
会場の近くの昭和通りのビルの一角で豊後高田市の物産展が開かれていた。
暑さを逃れて、会場でアイスクリームをいただき一服した。


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
07.26

炎天

Category: 俳句
炎天

河川敷にある運動場には人っ子ひとり見あたらない。
遠方に見える円盤のような雲は入道雲の生りそこない?かも知れない。
炎天に押さえつけられてなかなか姿を変えないでいる。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
07.25

雲の峰

Category: 俳句
雲の峰

生命の危険を感じる酷暑の中に、自転車で到着したら「本日は休館日」の札
が下がっていた。
来た道を引返えさずに大分河畔のサイクリングロードを通り帰ることにした。
道程は約4キロメートル、入道雲に笑われながら自宅に無事に辿り着いた。

ご自愛を

にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
07.23

藪茗荷

Category: 俳句
ヤブミョウガ

庭に自生するヤビミョウガです。
ツユクサ科ヤブミョウガ属の多年生草本植物。花には両性花と雄花が
あります。手元の俳句歳時記では季題として載せられていません。
今日も真夏日、書斎の窓から見える家並が焼けつくように見えます。
灼熱の日光は一挙に家の耐用年数を減らしてしまうのでしょうね。
暑さに耐えて住民は息をひそめて家の中に閉じこもっている気配が感
じられます。

暑い日々ご自愛を

にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
07.21

馬鈴薯

Category: 俳句
馬鈴薯

義弟が4種類の馬鈴薯の名を記したメモを添えて届けてくれた。
俳句では、季題:馬鈴薯(じゃがいも)、傍題:じゃがたらいも
・馬鈴薯(ばれいしょ)・男爵・メ-クインと角川俳句大歳時記
に示されている。
キタアカリ、インカのメザメの名がつく馬鈴薯は初めて出合った。
さて、種類ごとにどう調理したものか楽しみである。

 遊子先生からのお便り
今日のブログを見ていただいて次のお話が届きました。
インカのメザメ
大変、栽培の難しい品種でしかも疫病や害虫に弱く、小ぶりなため、収穫も
機械を使えず手作業なため、ほんの少ししか生産されておらず、あまり出回
っておりません。そのため、市場への流通量も少なく、3年ほど前から一部
の物産展などで紹介されているくらいだけですが、ナッツに似た独特の風味
で、レストランなどでは大変な人気があります。産地の北海道でも、一部の
食通の方しかに流通せず、知らない方もいらっしゃるほどで、なかなか入手
できない貴重な品種なんです。だから、幻とまで言われているんです。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
07.18

豊後平瀬灯標

Category: 俳句
夏の昼

関崎燈台の真下の海浜から見える豊後平瀬灯標です。


にほんブログ村

Comment:1  Trackback:0
2018
07.17

宇宙メダカ

Category: 俳句
宇宙メダカ

宇宙で孵化されたメダカの子孫たちです。
鳥と同じようにメダカもレンズの眼が怖いようですよ。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2018
07.16

萱草の花

Category: 俳句
萱草の花
関崎岬にて

萱草(かんぞう)の花が関崎燈台の真下の海浜であちこちに咲いています。
ユリ科の多年草で、高い花茎の頂に百合に似た橙赤色の花を開きます。
重弁のものが藪萱草、単弁が野萱草。「萱」は中国では忘れるという意味
で、この草を帯びていると憂いを忘れるという上代中国の習俗が日本にも
伝わり『万葉集』などにも登場する。(参照「角川俳句大歳時記」)

ハマボウフウ

ウバユリ

ハマゴウ



にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
07.15

シーボルトミミズ

Category: 俳句
7月14日は関崎岬の自然観察会
シーボルトミミズ

シーボルトミミズが散歩していました。
日本原産の大形ミミズで、日本最大のミミズの一つと言われています。
ナガミズ目・フトミミズ科・フトミミズ属。
体長は25㎝~28㎝、ときに40㎝にも達する。
名の由来は、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが持ち帰った
標本(オランダ/ライデン博物館)に記載されたことにちなむ。
日本の固有種で西日本の山林に生息するミミズ。
中部地方以西の太平洋側にも分布するそうです。
私の子供の頃はウナギの餌に使われていましたが、今はどうですかね。

海岸を示す標識が?
道標

関崎岬
 関崎海星館から関埼燈台へ下る坂道


にほんブログ村
Comment:1  Trackback:0
back-to-top