FC2ブログ
2018
09.30

台風24号

Category: 俳句
颱風24号

台風24号が拙宅に接近中のようです。
風はまだ吹いていませんが激しい雨が窓をたたき衛星テレビの画像が
乱れて大リーグ観戦ができません。

くれぐれもご注意を

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
09.26

秋の声

Category: 俳句
秋の声

蜘蛛は何故頭を下にしてぶら下がるのか?
     頭に血が上らないのか?
     尻を大きき魅せつけたいのか?
     
良い一日を

にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
09.25

狗尾草

Category: 俳句
エノコログサ

狗尾草(えのころぐさ)はイネ科の一年草で、野原や道端などいたるとに
生えています。
ネコジャラシという名は、この穂で猫をじゃれさせて遊ぶからです。


にほんブログ村
Comment:5  Trackback:0
2018
09.23

鳥渡る

Category: 俳句
鳥渡る
オババ宅から100mほどの大分川河口に近い土手の風景です。

オババ宅を訪ねる。去る9月9日に103歳の誕生日を祝い和菓子を
届けたのであるが、「おひさしぶり」と申して迎えてくれた。

ランキング

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
09.21

秋の風

Category: 俳句
秋の風

脳ドック検診の結果を受けて、今日は内科の再検診を受けました。
頭部MRAの画像は私が見ても美しく?幸い異常なしでした。
「薬要らず」を豪語していた私ですが、検診の結果コレセテロール及び
尿酸値が基準値を上回り、一日に1錠及び半錠を28日間服用すること
になりました。
愚息は「気にしないでおいしいものを食べたら」と他人事。
考えてみると、寄る年波には勝てないもので、それもそうだと思います。


にほんブログ村

Comment:7  Trackback:0
2018
09.19

曼珠沙華

Category: 俳句
曼珠沙華

昨日は黄色の蕾であったのが今朝はこんなに開きました。
40年ほど前に義父の庭に咲いていた頃は黄色の花は珍しかったのです。
拙宅の庭にある白と黄色の球根は義父からいただいたものです。

彼岸花


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
09.18

女郎花&亀虫

Category: 俳句
女郎花

Thank you

にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
09.17

敬老の日

Category: 俳句
敬老の日

義父が71歳の元旦の心境として残した言葉です。
「夜臥して朝起きるのはリハアサル、目覚めないときこれが本番」
義父は88歳で亡くなりましたが、私は目覚めるたびにこの言葉を思い出します。
果たして私の本番はいつか?興味あるところです。

庭に「星朝顔」が咲いています。
大分河畔から種を数粒採って蒔いたのが昨年に初めて咲いたのですが、今年は
零れ種から生えてきました。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
09.15

竹の物差し

Category:
竹尺

妻が裁縫で使っていた竹の物差しです。
竹の物差しはプラスチックに代り生産されていないと思っていたのですが、
いまでも市販されているのですね。

今日も良い日を!

にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2018
09.13

盗人萩

Category: 俳句
盗人萩

大分河畔でヌスビトハギに出合った。
マメ科ヌスビトハギ属の多年草。
ヤブハギ、ケヤブハギなど近似種が多い。
「ひっつき虫」のひとつで、果実が熟れると人間や獣にくっついて種を
遠くに運ばせるもくろみ。
手元の角川俳句大歳時記には「盗人萩」は副題にも載っていません。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
back-to-top