FC2ブログ
2018
11.30

冬の蝶

Category: 俳句
冬の蝶

ウサノピア大ホールの近くのうどん屋の裏側にある神社を参拝した。
神社は畑に囲まれて鎮座している。
黄蝶がお参りを済ませて境内から離れていったので、畦道を伝って
彼女を追いかけた。
蒲公英の花に彼が待っていた。


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
11.29

駅館川

Category: 俳句
駅館川

駅館川(やっかんがわ)は大分県宇佐市を流れ、周防灘に注ぐ。
滑り台?があり階段?があり床止めの造りが面白い。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
11.28

石蕗の花

Category: 俳句
石蕗の花

拙宅の庭の石蕗の花も終りが近づきつつあります。
ツワブキ Farfugium japonicum/キク科ツワブキ属の多年草。
イシブキ、ツワともいう。艶(つや)のtある葉からつやふき(艶蕗)
それが変化して「つわぶき」になった?
12月28日の誕生花。
花言葉:困難に傷つけられない


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
11.27

ときがめ書房/通信第4号

Category: 俳句
ときがめ書房

発行人・編集人は毛井たづ子氏。
愛する古里の俳句人の歩みを確めようと努力を惜しまない毛井氏の姿勢に
敬服、そして心から応援いたします。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
11.26

流星

Category: 俳句
流星

「流れ星」は秋の季題です。
8月半ばのペルセウス流星群が有名ですが、どうして「流れ星」が秋の季語
であるのでしょうね。
揚句は第20回横光利一俳句大会の応募句です。


にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2018
11.24

夏井いつき句会ライブ

Category: 俳句
夏井いつき句会ライブA

夏井いつき句会ライブB

第20回横光利一俳句大会表彰式&夏井いつき句会ライブに参加しました。
俳句大会は応募総数7275句の中から、特選10句、秀作55句、佳作55句
が選ばれて表彰されました。
選者は浅井慎平(写真家・俳人)、野中亮介(俳人)。
夏井いつき句会ライブではテーマ(OKまたはOK?)が出され5分以内で投句。
会場の約700名の方が応募されました。
大勢の中で7句が選ばれるとの説明に、私の拙句が選ばれるのは宝くじに当たる
よりも難しいと思いながらも投句しました。
ところが・・・・ありえないことが時にあるのが俳句なのです。


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
11.23

落葉

Category: 俳句
落葉

表を見せたい、裏を見せたい、落葉には意図はない?
落葉は裏返りたいと思って風を頼りにしている?


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
11.22

焼芋

Category: 俳句
焼芋屋

角川俳句大歳時記には季題:焼芋、傍題:焼芋屋・壺焼芋・石焼芋・
ほっこり・大学芋としている。
江戸に焼芋屋が現れたのは寛政5年(1793)という。栗に近い味の意で
「八里半」という行燈を出して売り始めた。
その後、栗より(九里四里~くりより)うまいという意で「十三里」な
どの看板も現れた。
現在は焼芋屋も珍しくなったが、現れると妙齢の女性ならずとも老人
の私でさえ飛び出して行くのを躊躇する心持がある。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2018
11.21

冬の雲

Category: 俳句
冬の雲

戸外に出ると、何でも好奇心の眼できょろきょろして歩きます。
空の雲は「雲百景」として数知れず画像に収められています。
今日の雲百景はこの一枚。
今朝は姪に誘われて「朝モス」(モスバーガーで朝食)です。


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2018
11.20

冬の月

Category: 俳句
冬の月


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
back-to-top