FC2ブログ
2019
01.31

睦月

Category: 俳句
睦月

キルタンサスは美しい花ですが、見かけるのは珍しいですね。
冬型はオレンジ、白、黄色、ピンク、朱やそれらの中間色があるそうです。
英名はFire lily。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
01.30

梅の花

Category: 俳句
梅の花

自宅から片道6㎞の道を歩いてJR大分駅へ向かう途中に梅の木が一本立っ
ていました。なんとなくカメラのシヤッターを切った一枚にメジロいました。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
01.28

初雪

Category: 俳句
初雪

大分県内は1月26日、観測史上二番目に遅い初雪となった。
この日は天神(福岡市)へ毎月一度参加する所属俳句結社の句会でした。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
01.25

関崎岬の水仙

Category: 俳句
関崎岬の水仙

関崎岬の水仙
 転載:大分合同新聞/2019年1月25日付朝刊11面


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
01.24

裸木の影

Category:
裸木

これが世の爺サン婆サン

約束の時刻まで書店で立ち読みをした。

内館牧子著「直ぐ死ぬんだから」を手にしてみて、目に止まった行に
身なりをかまわなくなるのに「若い」と言われたがる。
孫自慢に病気自慢に元気自慢。
これが世の爺サン婆サンの現実だ。

「薬一つ要らずの私」の自慢は今後一切言わないことにした。
なるべく無駄遣いをして日本の経済発展に尽くそう。


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2019
01.22

冬帽子

Category: 俳句
冬帽子

信号機の上空に浮かぶ雲
信号停車

ありがとう

にほんブログ村

Comment:5  Trackback:0
2019
01.20

大寒

Category: 俳句
大寒

7時のNHKニュースで、今日は大寒と聞いた。
二十四節季の一つ、陰暦一二月の中、陽暦では一月二〇日頃。
一年で最も寒い時期である。
寝床の枕が頭を離れて手探り、ままよと起床して妻に「おはよう」と言った。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
01.19

方舟

Category: 俳句
方舟

前山に沈もうとする太陽です。


にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2019
01.16

スカシダワラ

Category: 俳句
ぜんまいの切れた人形女正月 陽鳥

大分河畔へ向かう途中のクヌギ並木の下で出合ったクスサンの幼虫の抜け殻
クスサンの繭 スカシダワラ
クスサンの繭

facebookで市議のI先生からクスサンの繭であるとのコメントをいただいた。 

クスサン(樟蚕)の成虫
クスサン成虫

クスサン/終齢幼虫 シラガタロウ
クスサン幼虫


にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2019
01.15

寒鴉

Category: 俳句
寒鴉 

 鴉&烏


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
back-to-top