2014
05.11

花うつぎ

Category:
花うつぎの句

崖をくりぬいた洞穴に鎮座するこの風呂釜、私の知る限りでは5年以上は
この場に置かれたままである。近くに七瀬川自然公園があるこの一帯は私
の好きな散策コースである。
この洞穴のある崖にウツギの花が咲き始めた。

別府の生家にもこの風呂釜と全く同じ形の釜が据えられた風呂場があった。
湯の町別府に暮らして焚き風呂があったなんていうと信じられないかもし
れない。家族の皆が風流を楽しんだと洒落たいがそんなことはない。大家
族には外湯に通うよりも安上がりと言うだけのことでもなかった利便さが
あった。母が背中を流してくれたこと、寒い夜に酔っぱらった兄がぬるい
湯から出られなくなったことなどが思い出される。

咲き始めたウツギ
ウツギ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/113-bc29088a
トラックバック
コメント
伏せた風呂釜の中には魑魅魍魎が住む?

  風呂釜を伏せて夏陽に闇篭る
dot 2014.05.13 11:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top