2014
07.21

蝸牛

Category: 俳句
蝸牛

その昔、枯木を集めて火を起こし、この蝸牛を焼いて食べたのです。
フランス料理に用いる食用のカタツムリのエスカルゴなんて知らない
田舎の純朴?な子どもあった頃でした。生家は農家でしたから、ひも
じい思いをした体験はなかったのですが、イナゴやハチの幼虫などは
好物でした。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/179-2cadc49c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top