2014
07.24

片蔭

Category: 俳句
片蔭

囲碁サロンへ通う途中に延びる大分自動車道の高架です。
日の射す歩道を歩きながら、車道に延びる片蔭が恋しくなった次第です。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

Comment:3  Trackback:0
トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/182-b2f9dcf7
トラックバック
コメント
> 橋脚の耐用年数は

建築学上の長期水準の鉄筋コンクリートの耐用年数は100年らしいですが、本当に朽ちて無くなるまでだと200年くらいはありそうです。中の鉄筋が錆びるとダメなので、純粋の石より寿命は短いと思います。
dot 2014.07.25 00:24 | 編集
米さん、この橋脚の耐用年数はいつごろ切れるので
しょうかね。立て替える時代の世の中はどうなって
いるのかと危惧してみることがあるのです。
陽鳥?!dot 2014.07.24 19:10 | 編集
橋脚の列がストーンヘンジに見えました。

  橋脚は真夏のストンヘンジかな

あるいはローマの遺跡か‥‥。

  橋脚の列にローマの夏の影
dot 2014.07.24 16:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top