2014
08.16

告白

Category: 俳句
蝉二態

熊蝉の声にかき消される油蝉の声、油蝉の告白は届かないのではな
いかと思うと、だれはばからぬ大声で鳴く熊蝉が疎ましい。
それでも同じ木に油蝉が止まるのは、熊蝉の鳴き止むのを待っている
ようにも思える。それとも、油蝉の鳴き声は熊蝉の声とは周波数が異
なり、熊蝉の大声の下でも聞き分けられるのかもしれない。いやいや、
最近は熊蝉の御出ましが少なくなったので、これからが油蝉の出番と
して棲み分けているようにも思える。
虫が大好きな遊子先生に伺ってみようかな。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/204-0dcaee38
トラックバック
コメント
ゆどうふさん、この句では季語は「油蝉」ですね。
ご訪問ありがとうございます。
陽鳥?!dot 2014.08.16 08:35 | 編集
はじめまして、おじゃまします、

この句好きです。
季語は一つだけと言う、
頭の固い人には「?」かも知れませんけど、
これは有りだと思いました。
句会だったら採らせて頂きます!

そういえば山形の立石寺へ行ったとき、
しきりにクマゼミが鳴いていました。
かつては東北には居らず、
生息域が北上しているようです。

これからも時々拝見しますので、
勉強させて下さい。
よろしくお願いします。
ゆどうふdot 2014.08.16 07:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top