2014
09.24

稲雀

Category: 俳句
稲雀

この数倍の数の雀が群がっていました。
お零れにあずかるとは言えないようにも思いました。
私は地主ではないのですが「まあ良いか」と言ってやりました。
ありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/242-c2088ff8
トラックバック
コメント
米さん、最近は雀の生存数が激減しているそうですので、
生産者には叱られそうですが、なにか嬉しいですね。
陽鳥?!dot 2014.09.24 20:21 | 編集
> お零れにあずかるとは言えない

  豊作を祝いて集う雀かな

複雑な心境。
dot 2014.09.24 18:47 | 編集
井手口先生、人間からは分け前をあげるですね。
雀からは謙遜してお零れにあずかるでしょうか。
両者の関係をこのように読者が感じていただければ幸いです。
陽鳥?!dot 2014.09.24 17:33 | 編集
わたしは「おこぼれ」ではなく、分け前だと思っています。昔と言っても文革後の中国でスズメを退治したら、害虫が増えてかえって収量が減ったそうです。共存の生態学です。
井手口良一dot 2014.09.24 12:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top