2014
10.07

十三夜

Category: 俳句
十三夜
                   2014-10-6 19:08

昨夜は旧暦9月13日、書斎の机の前に昇った十三夜です。
十五夜から一ヵ月後になるので「後の月」と呼ばれます。十五夜と同じように
月見をします。豆と栗を供え、名月とは違った趣を楽しもうという、日本人の
美意識が働いています。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

関連記事

トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/256-d79de401
トラックバック
コメント
米さん、陰暦8月15日、「中秋の名月」ですが、「後の月」は陰暦9月15日ではなく「十三夜」であるところが意味深長ですね。ここに、日本人独特の美意識が働いているのですね。
陽鳥?!dot 2014.10.07 08:55 | 編集
満月でなくても充分ですね。

  足らずとも満たされて見る十三夜
dot 2014.10.07 08:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top