2014
10.24

白芒

Category: 俳句
白芒

芒の穂が風になびいて「おいでおいで」と「さようなら」を繰返していると
思い、歳時記を開くと「さよならもおいでもまざる芒の穂/阿川鴨子」の
一句がありました。感じることは皆同じなんだと可笑しくなりました。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/272-5e5d1768
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top