2015
04.06

花筵

Category: 俳句
花筵

「花筵(はなむしろ)」は、花が散って筵のようになっていることを
いいますが、現在では主に花見の敷物の意味で使われます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/421-a223efb5
トラックバック
コメント
> 「花冷え」

ウーン。「花吹雪」と「寒さ」のどちらか一つでも欠けると、この句の面白みは0になってしまいます。
この際、俳句でなくなっても二つとも残したいですね。
dot 2015.04.13 21:34 | 編集
米さん、桜の咲くころは気候が不安定で、急に冷え込むことがあります。
このことから「花冷え」という季題が用意されていますね。
渕野純生dot 2015.04.13 09:28 | 編集


本物の雪でない「花吹雪」が「寒い」というのも矛盾だし‥‥。
dot 2015.04.13 09:17 | 編集
> 「花吹雪」は春、「寒さ」は冬の季語

矛盾が面白いと思ったのですが、季節的矛盾を俳句にするのは難しいですね。
dot 2015.04.13 08:45 | 編集
米さん、「花吹雪」は春、「寒さ」は冬の季語ですから・・。
渕野純生dot 2015.04.13 07:35 | 編集
> 花が散って筵のようになっている

私も行ってみました。一面雪景色のよう。

  花吹雪積もりて今日の寒さかな
dot 2015.04.09 15:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top