2015
08.04

赤蜻蛉

Category: 俳句
赤蜻蛉

後ろの山はお猿で名高い高崎山です。

「蜻蛉」は夏の季語、「赤蜻蛉」は秋の季語・・となると何か訳があるや?
この暑い盛りの今日この頃に、秋の句はないだろう・・と思いながらの一句。
すると・・・・遊子先生から「画像のトンボはウスバキトンボですね」との
Eメールをいただいた。

アカトンボとは分類上アカトンボ属(アカネ属)と呼ばれる仲間に含まれる
種類をさすのだそうだ。
アキアカネ、ナツアカネ、マユタテアカネ、リスアカネ、ネキトンボなど。
アカトンボと間違われがちなショウジョウトンボ、ウスバキトンボは赤蜻蛉
ではないというからややこしい。

  Wish !
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
関連記事

Comment:2  Trackback:0
トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/524-4e2b5ad6
トラックバック
コメント
米さん、蜻蛉を画像に入れるのは難しいです。
陽鳥dot 2015.08.15 19:42 | 編集
夕日に赤とんぼは定番の景色ですが良いものです。

  赤とんぼ夕日集めて漂いぬ
dot 2015.08.15 15:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top