2015
12.30

ひつじ雲

Category: 俳句
ひつじ雲

  昨日の夕刻:由布山から高崎山にかけてひつじ雲がたなびいていました。

雲の塊が連なってできる「高積雲」とみられる。上空3千~5千㍍にできる
中層雲の一種。通常は雲の塊が並ぶように広がり「ひつじ雲」とも呼ばれ
る。上空の水分や風などさまざまな条件がかさなったときに発生する。
気象台は「年中見られる雲で珍しいものではない」とはいうが・・・。


にほんブログ村

関連記事

トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/644-208c244b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top