2017
03.13

つばくらめ

Category: 俳句
つばくらめ

大分川の下流に架かる滝尾橋の袂に数え切れないほどの燕が来ています。
群れて地に降りる燕を見るのは珍しい光景だと思いシャッターを切りました。
手にしていた帽子を落としたことに気付づいて、3キロほど土手を戻って捜
したのですが見つかりませんでした。帽子にはプラハとマッターホルンを訪
ねた記念のバッチを付けていたのです。

Rank up

にほんブログ村

関連記事

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/859-bc9b94f1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top