2017
06.30

夏つばめ

Category: 俳句
夏つばめ

一番子は無残にも鴉に攫われてしまった。
壊された巣は再建され、その巣に育てられた二番子の姿が今朝から見えません。


にほんブログ村

関連記事

トラックバックURL
http://fuchino.blog.fc2.com/tb.php/913-6b5c0947
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top