2017
11.02

十三夜

Category: 俳句
十三夜

昨夜は旧暦の9月13日「栗名月」「豆名月」ともいわれる十三夜でした。
また、名月に対して「後の月」といいます。
メールの返信に気を取られ、熱せられたフライパンの縁に手が触れて指を
火傷してしまいました。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
11.01

冬支度

Category: 俳句
冬支度

 サンクト・ペテルブルグ(ロシア)のエカテリーナ宮殿「琥珀の間」を訪れた
記念に買った琥珀の一つです。

 越前市からのお便り
菊人形


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
10.30

鬼胡桃

Category: 俳句
鬼胡桃
 大分川に架かる賀来橋の河畔の林に見つけた胡桃の木?
 クルミ科クルミ属の落葉高木の鬼胡桃だと思います。
 樹下に実が落ちて数個転がっていましたので持って帰りました。

10月31日 殻を割ってみました。
 鬼胡桃
 

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
10.28

秋の夕焼

Category: 俳句
大分河畔の夕暮風景二題
秋の夕焼
  夕焼の真下に流れる大分川
秋の夕焼

昨夕は月齢8日・上弦の月で「月面X(エックス)」の撮影を楽しみにしていたが、
日没になると雲が厚くなり月は顔を出していただけなかった。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
10.26

薄の穂

Category: 俳句
薄

今夕の新聞で、自賠責積立金から国に貸した6千億円余りが返還
されないでいることを知った。1千兆円を超える国債も国民に返
還するつもりはないかもしれない。
今日の大分河畔で見た、風に揺れる薄の穂を見てこんな気持ちに
なった。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
back-to-top