2017
04.17

白山吹

Category: 俳句
白山吹

シロヤマブキはバラ科・シロヤマブキ属の落葉低木です。
開花時期4-5月、径3~4㎝の両性花を側枝の先端に一つづつ咲かせます。
花弁は4枚、一花に光沢のある黒色の実を4個づつ付けます。
黄色いヤマブキとは別属です。

昨今の何やらきな臭いニュースが流れる中ですが、平和を祈るような山吹の
白が目に焼付きます。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
04.15

著莪の花

Category: 俳句
シャガの花

庭のシャガの花が咲き始めました。
アヤメ科・アヤメ属の多年草です。学名Iris japonicaとあるが中国
原産でかなり古くから日本へ入ってきとものといわれます。
シャガは三倍体のため種子が発生しません。このことから日本に存在
する全てのシャガは同一の遺伝子をもち、また、分布の広がりは人為
的に行われたと考えることができます。
⇒ヒメシャガ(姫著莪)は別種です。冬には枯れます。
⇒中国には二倍体があり、花色、花茎ばど多様な変異があるという。

ありがとう

にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
04.13

道の駅さがのせき

Category: 俳句
佐賀関の海
 道の駅「さがのせき」から望む


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
04.11

蕗の花

Category: 俳句
蕗の花

今日は運転免許の更新に行くと言ったら、Aさんが雨の日はテニスが
出来ないので碁会所にと誘われてしまった。
俳句歳時記では「蕗の葉」は夏、春の季題「蕗の薹」傍題に蕗の芽、
蕗の花、春の蕗と記載されているが、これらは全てフキノトウを指し
ているように思える。
フキノトウが長けて、花になったものはなんだろう?
始末に困って庭に植えたシンビジュームが今年も花をつけました。


にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
2017
04.09

桜と浜大根の花の競演

Category: 俳句
大分川河口の桜
 大分川河口の桜は八分咲き

午前中は別府に住む一回り離れた姉に会い、その後オババ(母)宅に寄りました。
オババ宅は大分川の河口近くですから、この美しい桜を見ることが出来ます。
桜の木の下には桜と美しさを競うようにハマダイコンの花が満開です。

ランキングバナー

にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
back-to-top